PAGE TOP

浮気調査に必要な期間は、普通は3〜4日が目

e-探偵調査料金ガイド

浮気調査に必要な期間は、普通は3〜4日が目
浮気調査に必要な期間は、普通は3〜4日が目安です。確認しておきますが、これはあくまでも一般的な期間です。
パートナーがとても慎重な性格だとなかなか証拠がつかめなくて、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあり得ます。逆に、浮気する可能性の高い日が特定済みの場合は、調査期間は1日で済むこともあります。

パートナーが浮気していると分かっても別れたくなければ昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはやらないほうが無難です。



パートナーを裏切ったことがバレた途端に配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、夫婦関係が修復不可能になることがあるでしょう。それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうと精神的に、大きく消耗することになります。

車の目立たない場所にGPS端末を取付して、常時、移動の内容を監視し続け、現在地を確認したり記録されたデータを後で読み出し分析することもできます。

移動手段に、車を使わない人の場合は、普段、持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。こうすることによって、パートナーの行き先や何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。
食事をした際の請求書には飲食時の同席者の人数が推測できてしまうように印字されている事がありますから、浮気をしていたと判断する材料になります。
かつ、クレジットカードを使用した支払いの詳細は月ごとに確かめるようにします。
仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、シングルの宿泊費にしては高額だったりすると、浮気相手と過ごしていた想像されてしまう事があります。

浮気の確証を手に入れるには浮気調査を探偵に依頼することが最も確実な方法です。

しかし、探偵に依頼するのは高額なので、誰でも容易に依頼することのできることではありません。探偵への浮気調査の依頼は、お値段はどのくらいあればよいのでしょう?探偵事務所ごとにも料金はまちまちなので、依頼前に一度見積もりをしてもらうとよいでしょう。
一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、調査する人の数にもよりますが、1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。


当然ですが、調査員が少数なら安く、増えるほど高くなります。
また、尾行の時に車とかバイクで行う場合、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、要確認です。

事前に成功報酬と言われていても、例えば、浮気調査を依頼したケースでは、その際の調査期間が3日間だった場合、その3日間の調査期間の間に浮気をしていなければ調査は成功ということになるでしょう。実際に浮気があったとしても、その3日間だけ浮気が見つからなければ、浮気かどうかの証拠をつかむことなく、調査についてはそこで完了し、成功報酬としての料金を請求されます。


探偵に浮気の調査を要請して、歴然とした証拠が発見されれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。
相手が信頼できなくなってしまったら人生を一緒に歩むのは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料の支払いが課せられれば二人が別れることは間違いないでしょう。浮気を調査を依頼する時には、びっくりするするほどに低料金だったり、もしくは高額な報酬金を請求してくる会社ではなく、細やかな料金設定がされており、追加の調査料を払わなくて済むような探偵事務所がオススメです。そして、探偵社として必要な許可を取得しているのか確認が必要です。
法に反して調査を実施している業者には浮気調査の依頼をやめておきましょう。


浮気という証拠はカーナビでもつかめるでしょう。
カーナビから履歴を確かめ、浮気の相手とドライブデートした場所を見つけられることがあります。あまり見たことのないところの履歴があった場合、注意が必要です。


それに加えて、しばしばもし給油していたら、車で会っている可能性はゼロではありません。
関連記事