PAGE TOP

探偵,調査,料金

e-探偵調査料金ガイド

どのような行為をしているか記すことで浮気の
どのような行為をしているか記すことで浮気の根拠を示せることもあります。大抵、人の日々の動き方には決まったパターンがあります。
しかし、浮気すると、動きの法則性が変化してきます。

変わった曜日や時間帯を断定ができたら、一つ一つの行為を見るようにしていくと、浮気の証明ができる可能性が上がります。


不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、50万円程度となるケースもありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、金額は低いです。

さらに、不倫相手の方が浮気を否定するケースでは根拠が必要です。
どの人からみても明らかな不倫の証拠を用意しなくてはいけません。

GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに取付して、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、現在いる場所を把握したり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して行動の様子を分析したりします。移動手段に、車を使わない人の場合は、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。

そうすれば、相手がどこに行ったのかやそこにどのくらいいたのかもわかります。探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。

子供がいらっしゃる場合だと特に、配偶者の浮気が確実なものになったからといってトントン拍子で離婚の話は進まないものです。
養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、理由をつけて支払われないことも多いですから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。
それは男性の場合であっても同様で仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。



法律の上で、結婚した人が配偶者ではない人と男女の関係にいたることを不貞と定めています。


つまり、法律的にいうと、肉体関係を持っていない場合には、一緒に時間を過ごしていたとしても、不倫ではありません。


自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。日頃、相手の行動の様子を目を配っておくのは自分ひとりでも可能ですが、浮気の事実を決定づける証拠を入手するためには、やはり、蛇の道は蛇、プロの探偵に依頼しておいた方が安全、安心です。

それに、探偵にお願いすれば、単に、浮気の証拠を入手するだけではなく、豊富な経験から、様々な助言をもらえるということも、貴重なのです。



浮気の事実を調べる為に調査依頼をする場合、びっくりするするほどに低料金だったり、高料金に設定されている事務所ではなく、詳細なプランや金額が設定されており、事後に追加料金を支払わなくて良いような探偵事務所がオススメです。探偵事務所東京比較ガイドでは料金を比較することができます。


また、探偵業の許可を取得しているのか前もって確認しておきましょう。


違法に調査を実施している業者へは依頼しない方が得策です。


時間によって尾行料金が決まる場合、尾行時間が短い探偵の方が、少ない費用になります。ですので、尾行を探偵にお願いするなら、日頃のパートナーの行動パターンを観察しておく必要があります。
最も疑いのある時間帯や曜日に尾行をしてもらうと、探偵側も余計な手間がかからず、双方にとって利益があります。

探偵の特徴としては、誰かに不審に思われないよう慎重に慎重を重ねて地味にコツコツと調査していきますが、興信所は多くの場合、企業調査や身辺調査を任されることもあって、先に自分の所属を明かして表立ってリサーチを行うようです。すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、対象についての情報収集は興信所が上手いと言っていいでしょう。
 探偵が使う追跡グッズというものは、 自分で購入できるのかといえば買うことは可能です。

通常は、追跡グッズはGPS端末を使うことが多いのですが、どんな人でもネット等で購入できます。
車両に載せてあるGPS端末というのは、車の盗難を考えた上でつけておくものですので、誰でも買えるのは当然です。
不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、
不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。



離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、金額は低いです。

さらに、不倫相手が浮気を否定するケースでは根拠が必要です。
第三者からみてもはっきりとした不倫の証拠を用意しなくてはいけません。ケータイの通話履歴から浮気の証拠がつかめます。

なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に使われるのが当然だからです。

近年、メールやラインで連絡をする機会も増えましたが、やはり、相手の声を聞きたくなるのは当然のことでしょう。
ですから、空き時間に電話することは十分ありえるのです。

離婚も辞さないつもりで、もらえる慰謝料が多い方が良いと考えるなら、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。しかし、単独で行くのは、揉め事を大きくする可能性があるので、止めておきましょう。

あなたが信頼する人と一緒に行けば、カッとなって騒ぎを起こす心配がなくなります。
心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、探偵等に頼むことをお勧めします。
法律的に、結婚している男女がパートナー以外の人と自分の方から男女の関係にいたることを不倫と定義しています。

つまり、法律的にいうと、肉体関係を持っていない場合には、食事をしたりカラオケに行く程度なら、浮気とはいえないということになります。自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所に内偵してもらうこともできます。GPS端末は、車の目に触れないところに取り付けておいて、常時、移動の内容を監視し続け、今いる場所をモニターしたり、記録されたデータを後で読み出し調べたりします。あまり、車を運転しない人の場合は、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。これで相手がどこをどう移動して、何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。探偵に浮気の調査を要請して、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。
信頼のできなくなったパートナーとこの先の長い時間を一緒に過ごすことは相当な心の重荷になりますから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。また、配偶者の不倫相手に慰謝料を求めれば、二人が別れることは間違いないでしょう。不幸な事に、パートナーが貴方を裏切り、貴方が慰謝料を請求する側になったとすれば、相手のことは、ちゃんと知っておかないといけない訳ですし、間違いのない、裏切りの数々を手に入れなければ駄目です。
その辺を探偵社に調査して貰うようにすれば、疑いようもなく誰にも認められる証拠を貴方に届けてくれますし、裁判では、貴方の気分をスッキリさせてくれる材料を準備して貰えるのです。



探偵の場合には、誰かに不審に思われないよう充分に用心しながら根気よく調べていきますが、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、まず身分を明かしておいてオープンなやり方で情報を集めるようです。探偵が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、対象についての情報収集は興信所が上手いと言っていいでしょう。



着る服の趣味が今までとは異なりだしたら、よくない兆候です。浮気のパートナーの好きな服装にしていたり、格好よく見えるよう頑張っていたりすることもありえます。突然に本人よりも若い年代の人のカラー・デザインの服装をチョイスしてきたら、大変よくない兆候です。



服の中でも、きれいな下着を着るようになってきた時は浮気をしている場合が多くあります。


実際に探偵に頼むことで浮気の証拠をつかんでしまいたい所です。



浮気を疑われる様子を相手が見せた場合、最初は自分でなんとかしようとすると思います。

しかしながら浮気の証拠を自力で収集しようと思っても、自分の行動が相手に見つかってしまうリスクが高くなります。
理由としては単純で、あなたの顔が相手に認識されているのからです。